Loading...

排水施設計画、設計、既存施設評価
流出解析、水理検討、浸水ハザードマップ


雨に強い街づくりを実現するためには、降雨・被害特性や土地利用等の変化に応じたハード対策とソフト対策を組み合わせることが重要です。水理解析や浸水シミュレーションによるきめ細やかな技術検討により、浸水対策を効果有る事業として提案します。

下水道事業計画においては、施設の整備水準の現在・中期目標・長期目標、事業の重点化・効率化の方針等を示した「雨水管理総合計画の策定」が求められています。また、平成27年の水防法一部改正では、想定し得る最大規模の内水に対する避難体制等の充実・強化を図ることが示され、水位周知下水道が制度化されました。NSCテックでは、これらの検討や計画策定等のご支援を行うことにより、浸水による人命や資産の被害低減に貢献しています。

近年、降雨レーダー雨量計による雨量データ、デジタル標高地形図等の解像度が高いデータ及び下水道管路施設のデジタルデータが整備されています。また、パソコン性能の向上により、分布型モデルを用いた雨水流出予測解析、浸水シミュレーションの技術が進んでいます。分布型モデルを用いた雨水流出解析は、必要となるデータは多くなりますが、流域の標高や地質データ等により流域特性を考慮できることにより、水の流れを忠実に再現でき、降雨レーダーデータをメッシュ毎に与えられることから、再現性が向上することが期待されています。

株式会社NSCテック

〒163-1120
東京都新宿区西新宿6丁目22番1号
(新宿スクエアタワー)
TEL:03-5909-1631 Fax:03-5909-1632

グループ企業

株式会社日水コン